So-net無料ブログ作成

【無人島1日目】Finley Quaye "Maverick A Strike" [CD]

Maverick A Strike

Maverick A Strike

  • アーティスト: Finley Quaye
  • 出版社/メーカー: 550 Music
  • 発売日: 1997/11/04
  • メディア: CD


無人島についた初日。気分はウキウキで、こんなときに渋いジャズなんか聴いてられませんな。かといって、ゴリゴリのハードロックっつうのもちょっと違うだろー。なんつうか、ホリデーチックで、でもいきなりマッタリでもなくて、エッジが効いてて、ワクワク感のあるCDっつうとだな……。これかな。Finley Quayeの97年のファーストアルバム「Maverick A Strike」。

フィンリー・クウェイ。97年にイギリスでデビューしたレゲイ・ポップな兄ちゃんです。ちょうどこの「Maverick A Strike」が出た頃、ボクはロンドンに住んでいて、彼のライブには足繁く通いました。

彼の魅力はなんといってもその声。最初、ちょっとかすれ気味で不安定に聞こえますが、聴き込むとそのザラッとした手触りの中に、わずかに湿った部分があるの気づき、ためらいがちにそっと指で触れてみると、しっとりとしたVibeが指先から体中に流れ込んでくるのです。なんじゃそりゃ。全然分かんないよ。まあまあ。聴けばわかります。

当時はナリモノ入りの扱いで、このデビューアルバムで彼は、イギリスのグラミー賞である「Brit Award」を獲っています。しかし当の本人は実にいい加減な兄ちゃんで、受賞後のインタビューなんかの仕事はことごとくドタキャンし、業界内では「フィンリーする=キャンセルする」という言葉が生まれたほどだとか。ライブでもステージの上で、酒は飲むは「それってタバコじゃないよね?」ってやつを吸うは、もうやりたい放題。(でもステージは素晴らしかったです。)

いい子にしていれば、コールドプレイくらいのビッグになれたかも知れない。でも飼い慣らされたら、この切なく狂おしい声は出なくなるんだろうな。いいよ、ずっとフィンリーしてて。オレは許す。


nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。